毒舌タレントから学ぶ情報発信への応用法

僕ら情報発信者は

世の中に転がっている情報を拾い上げ
キュレーションし、自分なりの解釈を付加してお届けするのが使命です。

そういった意味でタレントと言われる仕事に近い部分があり

——–
一歩間違えれば即“炎上”
「毒舌タレント」の境界線とは?
——–

という記事を読み
感じるところがあったので

今日はこのテーマでいきます!

毒舌と情報発信

昭和初期といえば

「お客様は神様です」

という

三波春夫のフレーズに代表されるように
毒舌を吐くなんてとんでもないという考え方が支配的でした。

そこに一石と投じたのが
ビートたけし で

観客に向かい「ジジィ、ババァ」と発し
物議を醸しつつも、一般に浸透していきました。

毒蝮三太夫なんか

「このクソババア!」

と言われたババァの方が喜んじゃいますからねw

この事象だけを見ると
もう完全に定着した感じですけど

でも、これがテンプレートで
誰もが言っていい訳じゃないのが不思議なところです。

松任谷由実が
毒舌のツイートを炸裂させても….

ちょっと引いてしまうのがファン心理です。

ですからやはり

・毒舌が許されるキャラクター
・毒舌を拾って笑いネタに変えるキャストの配置

などで

毒を中和させないと嫌悪感だけが残る。

毒舌は取り扱い注意の
劇薬なのだと思います。

三浦孝偉氏との対談音声プレゼント中

ご希望の方はお名前とメールアドレスを入力ください。
【今すぐ登録!】
↓   ↓

姓(必須)
メールアドレス(必須)


コメントは受け付けていません。