ステージを変えに三浦孝偉氏のコンサルを受けにいきます。

2016年最後の1ヶ月がスタートしておりますね。
僕は、師走そのもの….。

この1年で一番忙しい日々を
楽しく過ごしています 笑

というのは

今年の春に地元で参加したリアルビジネスのコミュニティーで講師をして頂いた先生から卒業時の懇親会で色紙を頂きまして、そこに、、

「桁を変えろ!」

と書かれてあったんですね。

僕はただただ平穏に暮らしたいだけなんですけど、、、
もう一歩踏み込み、更に突き抜けなさい。

そういうことなんだと思いました。

ですから、2016年最後の1ヶ月ここでは “平穏” という言葉は忘れ、ぐっとアクセルを踏み込もうと、そう思っています。

で、YouTubeだけじゃない加藤の全力をぶつける企画を今考えていますので、楽しみにして頂けると嬉しいなと想っています。

僕の中では
桁=ステージです。

もちろん、これからもYouTubeは実践し続けますが、
そのイメージだけの加藤から脱皮せなアカンなと・・

実際、2016年7月〜11月までの5ヶ月でいうと、
僕の収入の【48%】はYouTube外からになってたりするのでw

ステージを変えるため三浦コンサルを受けにいきます。

人は自分の魅力って案外わからなくて

自分はダメな人間だと卑下したり
見当違いな部分が魅力だと勘違いし突っ走りがちです。

突然ですけど
ここで三浦さんのたとえ話を引用させてください。

–(引用ここから)——-

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-03-19-49-47

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-03-19-50-44

–(引用ここまで)——-

Koi Miura の Official Blogより)

僕の中での、福山雅治の記憶の始まりは
“ひとつ屋根の下” です。

僕ら世代では

「あんちゃぁん」

のセリフが記憶に残っている方も多いことでしょう 笑

で、NHK大河ドラマ “坂本龍馬” で主演し
日曜夕方の下ネタ満載のラジオの印象も重なっていきます。

で、あっ歌も歌っているだ〜〜

と “歌手 福山雅治” のイメージとともに
作詞/作曲もしているんだってのも知って

アーティスト 福山雅治へと
どんどんと昇華していきます。

もし、福山さんが

「俺の魅力は歌&ギターだぜ!」
「それを理解できない事務所なんて辞めてやる」

こんな行動をとっていたら
ここまでの成功は無かったかもしれない・・

そう思います。

もともと “歌&ギター” の才能はあったことは間違いなくて
でも、その才能を活かすステージに立つには

俳優というステージが
彼には必要だったのでしょうね。

で、三浦さんのブログ記事にあるように

・事務所の社長
・I女史

によるコンサルを受け
そして受け入れたことで今の成功を掴んだ。

うん、あれだけ魅力的な福山雅治でさえ
自分の魅力の本当の価値を分かっていなかったんです。

であれば、僕の魅力/価値を
僕が理解しているなんて、とても思えませんw

だから三浦さんに会いに行き
コンサルを受けてきます。

その三浦さんに引き合わせてくれた
甲斐秀樹さんも同席するというサプライズもあり

とてもワクワクしています。

ワクワクするだけじゃなく
運命の1日にするためにもしっかり事前準備して臨みます!

三浦孝偉氏との対談音声プレゼント中

ご希望の方はお名前とメールアドレスを入力ください。
【今すぐ登録!】
↓   ↓

姓(必須)
メールアドレス(必須)


コメントは受け付けていません。