目標設定:明快に稼ぎ額をイメージする重要性【第4回】

インターネットビジネスの世界の中に居ると、なんだか月100万円が一つのゴールで
 
 

「いくら稼ぎたいの?」
 

「月100万っす!」
 
 

みたいな会話が、あるある話しでよく語られています。
 
 

ですが、それじゃ弱くて。
その金額を稼ぐ理由が必要です。
 
 

▼100万円で何がしたいのか? ですね。
 
 

「ロレックスのデイトナが欲しい!」ということなら1発100万円でもOKですよね。(継続報酬である必要なし)
 
 

でも「毎週1回は外食したり、月に1回くらいは焼肉いきたい!」ってことなら毎月10万円の継続報酬を求めます。
 
 

なので、何がしたいのかを見定めて
そして稼ぎ額を逆算する思考が重要になってきます。
 
 

そうすると、ふわっとした目標設定じゃなくなって、カチっとした形で目標を見定めることになるので成功の確率が高くなります。
 
 

やっぱり人は弱いから「なんとなく100万円稼ぎたい」そんなんじゃ達成できるはずもなく、「◯◯したいから□□万円稼ぐ」ってことを意識して目標設定していきましょう。
 
 

それで、その目標にリアリティーを持つことも重要です。
 
 

例えば「ロレックスのデイトナが欲しいから100万円稼ぐ」って目標を立てるとします。
 
 

その100万円がリアリティーのある数字じゃないと、いかんせん、どう行動していいのか分からずに達成も困難になります。
 
 

つまり、本当に稼いでいる人が複数いる場所に行くことです。
(稼いでいる風ではなく、本当に稼いでいる人達です)
 
 

そうなってくると、どうすれば100万円稼げるのかが明確になるし
 
 

・稼げるのかどうか?
・果たしてこのまま作業し続けて本当に大丈夫なんだろうか?
・あっちのノウハウの方が稼げるんじゃないか?
 
 

みたいな変な思考が入り込む余地がなくなります。
 
 

▼稼げない = 自分の努力が足りないか、努力の方向性が間違っているか。
 
 

だけ。
 
 

シンプルになります。
 
 

つまり、方向性が間違っていないかどうかを指導者に確認しながら量を叩き込めば稼げるということでもあります。
 
 

この位、シンプルに考えた方がビジネスって意外と上手くいくし「ゼロ」を「1」にする、いわゆるゼロ1を達成できる可能性も高まります。
 
 

ということで、
 
 

・金額の目標には、その使途や使用目的を紐付けよう
・その金額目標にリアリティーを持てる場所に行こう
 
 

これが成功するために必要な目標設定の極意だと僕は思っています。
ぜひ取り入れてみてくださいね。
 
 

三浦孝偉氏との対談音声プレゼント中

ご希望の方はお名前とメールアドレスを入力ください。
【今すぐ登録!】
↓   ↓

姓(必須)
メールアドレス(必須)


コメントは受け付けていません。